ライフスタイルの見直しだけでも妊活に繋がる

35歳までに子供を産んだ方が良いといわれている事から妊活をする人が増えています。
理由は排卵や妊娠のための女性ホルモンが35歳から減ってくる事からです。
40代ではさらに減っていくので妊娠しにくくなったり、妊娠しても流産の確率が高まります。
35歳を過ぎても自然妊娠は可能で医療の進歩によって40代でも妊娠する事が可能です。
近年若い女性に増えている子宮頸がんも場合によっては手術によって子宮摘出を行い妊娠出来なくなってしまう事もあります。
子宮頸がんは定期的な健診によって早期発見すると出産する事も可能です。
生理痛によって鎮痛剤の服用をするなどの症状が重い場合には月経困難症とよばれて、子宮内膜症や子宮筋腫などの不妊の影響がある病気の場合の可能性もあります。
妊娠しやすいかどうかは個人差がありますが、すぐに結婚や妊娠を望まない場合であっても子供が欲しくなったときに妊娠し、スムーズに産んで育てるためにも自分のライフスタイルを見直す事は妊活に繋がります。